宣材写真の撮影です。プロのメイクは必須ですか?

ヘアメイクに関する質問をたくさんいただきます。

ヘアメイクも撮影もどちらも大切です。しかし、「撮影に、プロによるヘアメイクが必要か?」と問われれば、当スタジオでは「いいえ」と、お答えしています。

多くのお客様が、宣材写真やプロフィール写真の撮影と、ブライダルフォトや家族写真などの記念写真の現場と混同したり、同一視したりされているようです。

そのため、プロによる写真撮影は、プロのヘアメイクが必須だという謝った風に考えてしまっている場合があります。

例えば、オーディション写真等の選考写真系の基本は、ノーメイクが基本です。

ここで言うところのノーメイクというには、すっぴんではありません。ノーメイクとは、普段、自分でしているマイメイクです。

詳細は控えますが、当スタジオで撮影して合格したお客様の99.9%がノーメイクです。

0.01%の例外は、お客様のことを普段から良く知るプロのヘアメイクが同行して、撮影前に施術をし、撮影中も施術直しをして、という、所謂プロのモデルの業務撮影の流れでした。

言い換えるならば、すでに、モデルや俳優、男優、女優としてテレビや映画、舞台で活動されているプロのお客様や、事務所に所属していて専用のヘアメイクのサービスに慣れている場合を除き、特に初めて撮影するお客様については、まずはマイメイクでの撮影をオススメいたします。

当スタジオで撮影している写真は「自分写真」です。

普段とは異なり、変身した姿を表現してPRする場合でなければ、プロのヘアメイクの効果は限定的です。

「普段のマイメイク、マイヘアー」で撮るか「プロのヘアメイク」で撮影するかということと、「求めている理想の写真が撮れるか?」「オーディションに合格できるか?」ということに、深い相関関係はありません。(※当スタジオの見解です。)